記事タイトル 在宅緩和ケアのやりがい

■在宅緩和ケアで身につくスキル

スキルを身につけることは、納得のいく緩和ケアの実践につながります。どのようなスキルがあるのかを見ていきましょう。
■在宅緩和ケアで身につくスキル■
・疼痛ケア技術
在宅緩和ケアにおいて痛みの度合いを客観的に図ることができるのは患者さんを前にしている看護師しかいません。そのため患者に対する洞察力が高まり、状況に最も適した疼痛ケアを行えるようになるのです。

・精神的な部分のケア
患者やご家族にとって、専門スキルを有する在宅緩和ケア看護師の訪問日はとても待ち遠しいものです。訪問した際には、日頃抱えている不安を打ち明けられることもあります。そんな時には相談者の気持ちを受け止め、優しく支えます。話を聞く姿勢やアドバイスの仕方はすぐに覚えられることではありません。精神的支えになれるだけのスキルを在宅緩和ケアでは養うことができます。

・伝達力の向上
職場に戻ったら、緩和ケアチームのスタッフらに患者の現状を周知しなければなりません。症状や感じたことを相手にわかりやすく伝えるには伝達力が欠かせません。一人で患者のところへ訪問する在宅看護なら、その伝達力をしっかりと身につけることができます。

■在宅緩和ケアの看護師が語るやりがい

在宅緩和ケアのやりがいについて、実際活躍中の看護師に話を聞いてみたところ、以下のような答えが返ってきました。
■在宅緩和ケアにおける看護のやりがい■
・患者、そして家族の大きな支えになれる
「病棟看護に比べ、患者やご家族にとって頼れる医療従事者は目の前にいる自分しかいません。一番近い部分で、支えられるというのは本当に大きなやりがいにつながりますね!」

・生活の部分までフォローできる
「看護を行う場所が患者の自宅ということもあり、身体や精神のケアだけでなく、生活全般のケアができるのが在宅緩和ケアならではの魅力です。患者やご家族ができるだけ負担の無い生活を送れるよう、しっかりフォローしていきます!」

・一般的な訪問看護以上にスタッフとの絆を感じられる
緩和ケアでない訪問看護においても、医師や他のスタッフとのつながりはありますが、在宅緩和ケアにおいてはその「つながり」を色濃く感じ取ることができます。みんなで考えたケアの内容で患者を元気付けられたり、ご家族を勇気付けられた時はなんとも言えない喜びが沸いてきます。」

緩和ケア病棟以上に、目の前にいる患者の看護に集中できる在宅緩和ケア。より近い存在として患者を支えられることが看護師のやりがいにつながっているのですね!

SPECIAL TOPICS

  • おすすめ記事

    緩和ケア病棟の求人について

    緩和ケア病棟の求人について

    緩和ケア病棟の求人は、一般病棟に比べ決して多いとは言えません。だからといって、緩和ケア病棟で働くことをあきらめるなんてもったいない!こちらでは理想どおりの働き方をするためにオススメな求人の探し方について紹介しています。効率よく就職活動をするために、是非ご活用くださいね。

    続きを読む

    おすすめ記事
  • おすすめ記事

    緩和ケアとホスピス

    緩和ケアとホスピス

    緩和ケアが求められる代表的な職場といえば「ホスピス」。そこでホスピスとはどういったところなのかということについて説明しています。また多くの人が疑問を抱いている、緩和ケアとホスピスケアの違いについても言及しているページです。

    続きを読む

    おすすめ記事
  • おすすめ記事

    緩和ケア認定看護師になろう

    緩和ケア認定看護師になろう

    現在、緩和ケアに従事している看護師さんもこれから緩和ケアの仕事に携わろうかとお考えの方も要チェック!緩和ケアのスキルを高められる認定看護師のことについてお話しています。認定看護師になるにはどうすればいいのか?を分かりやすく説明しているので資格取得のバイブルとしてご活用ください。緩和ケア認定看護師になるメリットについても合わせて紹介中です。

    続きを読む

    おすすめ記事
  • おすすめ記事

    がん患者を看る「緩和ケア」

    がん患者を看る「緩和ケア」

    緩和ケアについて、看護師さんにとって役立つ情報であるのはもちろんのこと、一般の方が読んでも分かりやすく内容でお届けしています。「緩和ケアってどういった看護内容なのか?」「日本には緩和ケア病棟がどれくらいあるのか?」「がん患者を救う緩和ケアとは?」などの疑問を解消することができるページです。

    続きを読む

    おすすめ記事