記事タイトル 緩和ケア認定看護師になろう

■認定看護師とは

認定看護師とは特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することが認められた人のことです。
役割としては水準の高い看護の「実践」、看護職に対する「指導」、看護職への「相談」の3つがあります。
認定看護分野は緩和ケアのほか、救急看護・皮膚・排泄ケア・訪問看護など20以上の分野に分かれています。
認定看護師の資格を取得するには5年以上の実務経験が必要などの条件などをクリアし、国家試験に合格する必要があります。

■緩和ケア認定看護師になるには

緩和ケアの認定看護師になるにはやはり5年以上の実務経験が必要です。また、そのうち3年以上は緩和ケアに携わっていることが求められます。この実務経験を満たしていれば晴れて認定看護師教育機関において学習することができるのですが、一朝一夕で資格を取得できるわけではなく、約6ヶ月に及ぶ教育課程を修了し、認定審査に合格しなければなりません。そのため認定看護師を目指す多くの看護師は、仕事を休職もしくは長期出張扱いで勉強に励むことになります。もし、本気で緩和ケアの認定看護師を目指しているのであれば、前もって職場の上司に相談しておくといいでしょう。キャリアアップ支援についても、どのようなものがあるか調べておくといいですね。緩和ケアの認定看護師になるための教育課程を受けられる機関は2013年時点で10箇所ほどしかありません。、最寄の教育機関はどこになるのか、定員はどれくらいなのかといったチェックも早めにしておくことをオススメします。

■緩和ケア認定看護師になるメリット

緩和ケア認定看護師の資格を取得する最大のメリットは、正しい知識を持って患者の心と身体、両面のケアが行えることです。
専門性の高い知識を習得することにより、患者さんのQOLを最優先させた看護プランも自信を持ってしっかりと立てることができるようになります。
また、給与面・待遇面でも期待が持てます。専門知識を周囲の看護師に教え、伝えるやりがいを感じる機会も増えます。
周りをリードするような活躍を希望する方、よりよい看護を実践したい方、今以上の高待遇を期待する方など、さまざまな理由で認定看護師を目指す方が増えています。

SPECIAL TOPICS

  • おすすめ記事

    緩和ケア病棟の求人について

    緩和ケア病棟の求人について

    緩和ケア病棟の求人は、一般病棟に比べ決して多いとは言えません。だからといって、緩和ケア病棟で働くことをあきらめるなんてもったいない!こちらでは理想どおりの働き方をするためにオススメな求人の探し方について紹介しています。効率よく就職活動をするために、是非ご活用くださいね。

    続きを読む

    おすすめ記事
  • おすすめ記事

    緩和ケアとホスピス

    緩和ケアとホスピス

    緩和ケアが求められる代表的な職場といえば「ホスピス」。そこでホスピスとはどういったところなのかということについて説明しています。また多くの人が疑問を抱いている、緩和ケアとホスピスケアの違いについても言及しているページです。

    続きを読む

    おすすめ記事
  • おすすめ記事

    緩和ケア認定看護師になろう

    緩和ケア認定看護師になろう

    現在、緩和ケアに従事している看護師さんもこれから緩和ケアの仕事に携わろうかとお考えの方も要チェック!緩和ケアのスキルを高められる認定看護師のことについてお話しています。認定看護師になるにはどうすればいいのか?を分かりやすく説明しているので資格取得のバイブルとしてご活用ください。緩和ケア認定看護師になるメリットについても合わせて紹介中です。

    続きを読む

    おすすめ記事
  • おすすめ記事

    がん患者を看る「緩和ケア」

    がん患者を看る「緩和ケア」

    緩和ケアについて、看護師さんにとって役立つ情報であるのはもちろんのこと、一般の方が読んでも分かりやすく内容でお届けしています。「緩和ケアってどういった看護内容なのか?」「日本には緩和ケア病棟がどれくらいあるのか?」「がん患者を救う緩和ケアとは?」などの疑問を解消することができるページです。

    続きを読む

    おすすめ記事